ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち

会期: 2009年6月23日~ 9月23日

本展は、子どもが美術の中でどのように表現されてきたか、また子どもというテーマが作品の創造にどのように刺激を与えてきたかを、ルーヴル美術館のコレクションを通して明らかにする展覧会です。ルーヴル美術館の全8部門のうちイスラム美術部門を除く7部門から厳選した約200点の作品で構成され、ルーヴルが所蔵する唯一の子どものミイラをはじめ、日本で初めて公開されるものも多数含まれます。時代は古代から19世紀前半まで、地域的にもヨーロッパにとどまらず、エジプトやオリエントにまで視野を広げることによって、子どもに注がれてきた様々な眼差しを多角的に捉えます。
「子ども」というテーマを介して、作品が制作された様々な時代や地域の文化の理解を深めるまたとない機会となることでしょう。
展示においては、子どもの生涯のエピソードや、神話や宗教の中で表現された子ども、肖像や装飾として描かれた子どもなど、大きく7つのテーマに作品を分類します。ひとつのテーマが異なる文化圏やジャンル(絵画や彫刻など)によってどのように表されてきたかを比較しながら理解することができます。
すべての作品に注がれる優しくて清純な眼差し、無垢な子どもの時代への人類共通の思いを感じていただけることでしょう。

  • 主催:国立国際美術館、ルーヴル美術館、朝日新聞社、朝日放送
  • 後援:フランス大使館、水都大阪2009実行委員会
  • 協賛:ソシエテ ジェネラル グループ、大日本印刷、パナソニック、ダイワボウ情報システム、京阪電車、関西電力、きんでん
  • 協力:ニッセイ同和損害保険、日本航空、日本通運、ダイキン工業現代美術振興財団

展示作品

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

素描・版画部門
《短剣を持って座るアモール》 フランソワ・ブーシェ
©RMN / Thierry Le Mage / distributed by DNPartcom

絵画部門
《マスター・ヘア》 ジョシュア・レノルズ 1788年
©RMN / Hervé Lewandowski / distributed by DNPartcom

彫刻部門
《幼子イエスを礼拝する聖母》 アンドレア・デッラ・ロッビアの工房
©RMN / Thierry Le Mage / distributed by DNPartcom

美術工芸品部門
《河から救われるモーセ》 ゴブラン製作所、ジャン・ジャンスの工房、
原寸大下絵:アントワーヌ・ パイエ、原画:ニコラ・プッサン 1685-1689年頃
©2008 Musée du Louvre / Georges Poncet

古代エジプト美術部門
《幼いホルス神に授乳するイシス女神》
末期王朝時代、第30王朝以前、前722-前380年頃
©2003 Musée du Louvre / Christian Décamps

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門
《子どものサテュロス》 ローマ帝政期、2世紀前半
©2007 Musée du Louvre / Daniel Lebée et Carine Déambrosis

古代オリエント美術部門
《台車にのったライオン》《台車にのったハリネズミ》
中期エラム時代、前12世紀
©RMN / Hervé Lewandowski / distributed by DNPartcom

関連イベント

関連イベント

開館時間

午前10時—午後5時、金曜日は午後7時まで (入館は閉館の30分前まで)

休館日

毎週月曜日
(ただし、7月20日(月・祝)は開館、翌21日(火)は休館、9月21日(月・祝)は開館)

観覧料

当日:一般 1,500円/大学生 1,200円/高校生 800円
前売:一般 1,300円/大学生 1,000円/高校生 600円
団体:一般 1,200円/大学生 900円/高校生 500円

  • ※団体は20名以上
  • ※中学生以下、心身に障害のある方とその付添者1名無料
    (証明できるものをご提示いただく場合があります)
  • ※前売券は、チケットぴあ(Pコード:688-565)、ローソンチケット(Lコード:58555) 、イープラス(http://eplus.jp)、セブンイレブン(3001533)、ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストアなどで販売。
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース