慶應義塾創立150年記念 関連企画展 慶應義塾をめぐる芸術家たち

会期: 2009年6月20日~9月23日

国立国際美術館では、慶應義塾ゆかりの美術家や批評家たちの作品による所蔵品を中心とした展覧会を開催いたします。
福澤諭吉が創設した慶應義塾は、2008年に創立150年を迎えました。大阪で生まれ、適塾で学んだ福澤諭吉にとって大阪は縁の深い地です。福澤は日本の近代化に様々な面から貢献した思想家であり、教育者であり、ジャーナリストでもありましたが、その在野精神は徹底したものでした。伝統や権力に甘んじることを常に忌避した福澤の在り方は、新しい美術の道を切り開こうとする戦後の前衛的な活動とも一脈通じるところがあると言えます。
芸術専門の学校ではないものの、これまで慶應義塾は、きわめてユニークな表現者を世に送り出してきました。シュルレアリスムの詩人であり自ら絵画を描くこともあった西脇順三郎、その教えを受け詩人・批評家として戦後美術を牽引した瀧口修造、西脇を慕い共同制作も行った彫刻家の飯田善國。版画の世界に独自の境地を開いた駒井哲郎。さらに、慶應の建築を数多く手がけた谷口吉郎、その谷口とコラボレーションし慶應義塾内の教員サロン「新萬來舎」を手がけた彫刻家のイサム・ノグチ。本展では、これら6人の表現者の世界を、国立国際美術館の所蔵品を中心に、慶應義塾所管の関連資料も含めた展示にてご覧頂きます。

  • 主催:国立国際美術館、慶應義塾、産経新聞社
  • 協賛:(財)ダイキン工業現代美術振興財団
  • 助成:ダイキン工業株式会社

展示作品

| 1 | 2 | 3 |

飯田善國・西脇順三郎 版画集『Chromatopoiema』より 1972年
国立国際美術館蔵

飯田善國 《十面体》 1983年 国立国際美術館所蔵

駒井哲郎 《束の間の幻影》 1951年 国立国際美術館蔵

関連イベント

関連イベント

開館時間

午前10時—午後5時、金曜日は午後7時まで (入館は閉館の30分前まで)

休館日

毎週月曜日
(ただし、7月20日(月・祝)は開館、翌21日(火)は休館、9月21日(月・祝)は開館)

観覧料

当日: 一般 420円 / 大学生 130円
団体: 一般 210円 / 大学生 70円

  • ※団体は20名以上
  • ※高校生以下並びに18歳未満、65歳以上、心身に障害のある方とその付添者1名無料(証明できるものをご提示いただく場合があります)
  • ※「やなぎみわ 婆々娘々!」も同時に観覧できます
  • ※本展無料観覧日:7月4日(土)、8月1日(土)、9月5日(土)
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース