• 現在の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会
    • 2010年代
    • 2000年代
    • 1990年代
    • 1980年代
    • 1970年代
2017年度

福岡道雄 つくらない彫刻家

2017年10月28日(土)― 12月24日(日)


大阪在住の彫刻家、福岡道雄(1936年生まれ)。時代の流れを横目に、「つくること」のあるべき在り方を静かに問いつづけてきた人物です。彫刻家を志した1950年代から、「つくらない彫刻家」となることを宣言した2005年を経て現在にいたるまで、60余年にわたるその制作の軌跡を紹介します。

福岡道雄 《飛ばねばよかった》 1965-66年 作家蔵 撮影: 椎木静寧

態度が形になるとき ―安齊重男による日本の70年代美術―

2017年10月28日(土)― 12月24日(日)


1970年、安齊は同世代の作家たちが生み出す一過性の作品を35mmカメラで記録し始めます。後に「もの派」と称される芸術運動体の揺籃期は、安齊の眼を通して知られますが、その眼は直ぐに同時代の他の新しい芸術動向にも向けられました。日本の現代美術の変革期を捉え続けてきた安齊重男の仕事を紹介します。

安齊重男  《原口典之 1970年 4月 こどもの国、神奈川》 1970年 国立国際美術館蔵 © ANZAÏ