• イベント
    • 今後のイベント
    • 過去のイベント
  • 学習
    • こどもびじゅつあー
    • ワークショップ
    • ジュニア・セルフガイド
    • スクール・プログラム
    • 先生のためのプログラム
    • アートカード・セット

学習

スクール・プログラム

当館では、小中高校など多くの学校団体を受け入れ、美術館での鑑賞学習を推進しています。
美術館での鑑賞学習と一言に言っても、その内容は一様ではなく、児童生徒にもたらされるものも大きく異なります。当館のスクール・プログラムでは、それぞれの条件、希望になるべく寄り添いながら、児童生徒がより積極的に作品鑑賞に向き合えるよう、オリエンテーション、ギャラリー・トーク、各種ワークシートなどを使用した鑑賞を実施しています。
作品をじっくり見て、感じて、考えて、時に、友達や美術館スタッフと交流しながら新たな視点を発見し、考えを生み出していく鑑賞活動は、答えが一つだけではない美術だからこそ児童生徒の無限の可能性を引き出し、観察力、思考力、創造力、問題解決力、コミュニケーション力などを高めていくことにもつながります。
美術館と学校が協力して、より活発な鑑賞学習にしていけるよう、児童生徒の学校生活の様子なども聞かせていただきながら、より適切なプログラムを選択し、美術館での鑑賞学習の内容を決定していきます。

プログラムの紹介

目的、人数、時間などに応じて、いくつかのプログラムを組み合わせて実施します。いずれのプログラムも約1ヶ月前までに電話予約の上、打ち合わせが必要です。

オリエンテーション

美術館、展覧会や作品の楽しみ方などを、講堂でそれぞれの学校の目的に応じたスライドを用いて、わかりやすく紹介します。

対象:小学生〜高校生
人数:130名まで
所要時間:約15〜30分

ギャラリー・トーク

美術館スタッフとの対話を通して、約3点の所蔵作品を鑑賞します。児童生徒は目の前にある作品をよく見て、考え、意見を話したり、友達と話し合ったりしながら、作品鑑賞を楽しみ、深めて行きます。

対象:小学生〜高校生
人数:40名まで
所要時間:約30〜60分
場所:コレクション展示室

ジュニア・セルフガイド

作品をじっくり見るきっかけとなる質問が盛り込まれているシートを用いて所蔵作品を鑑賞します。鑑賞時には、『アクティヴィティ・ブック』に貼って使用します。

対象:小学生~高校生

アクティヴィティ・シート

児童生徒が選んだ作品をスケッチする、ディスクリプション(見えているものをできる限り言葉で記述すること)する、作品同士のつながりを考えるなどのアクティヴィティに取り組めます。

対象:小学生〜高校生
所要時間:1枚約10分〜

アクティヴィティ・ブック

作品/展覧会をじっくりと多角的な視点で鑑賞するきっかけとなるアクティヴィティが30種類紹介されています。児童生徒に取り組む内容を自由に選択させたり、先生が発達段階/学習目標に応じて取り組む内容を事前に選択したり、使い方は自由です。

対象:小学生~高校生

その他

特別支援学校の鑑賞時には滞在時間中できるだけサポートし、中学校の班別活動にも希望によりギャラリー・トークなどを実施しています。また、前述のプログラム以外にも、人数、学習目標などに応じて、全校生の縦割りグループでの鑑賞など、綿密な打ち合わせの上での特別連携プログラムも行っています。

お申し込み/ご利用の流れ

1. 1か月前までに教育普及担当までお電話ください。

その際、学校名、お名前、スクール・プログラムに関するご相談・お申し込みであることをお伝えください。

TEL. 06-6447-4680(代)

※日時によっては、ご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。

2. 当館から送付する申し込み用紙で、FAXにてお申し込みください。

団体バスをご利用の場合は、駐車場もお申し込みください。

ご案内・申込書

3. 当館から受付完了書をFAXします。

1週間たっても当館からFAXが届かない場合には、お手数ですがご連絡ください。鑑賞日当日は、この受付完了書を一階受付にご提示ください。

4. 下見と打ち合わせ

下見と打ち合わせをお願いします。対象となる展覧会の事前の鑑賞は、鑑賞コースの確認とともに、当日の児童生徒の動きを円滑にし、鑑賞活動をより効果的にします。プログラムの詳細も決定します。下見は無料です。

※下見は児童生徒が鑑賞する展覧会の開催中にお願いします。

※日程的に、下見と打ち合わせにご来館できない場合は、お電話でご相談ください。

5. 事前指導・授業

事前に鑑賞マナーについて必ずご指導ください。また、展覧会や作品に対して児童生徒が興味を持ち、より能動的な鑑賞活動を生み出せるよう、できるだけ事前授業を行われることをお勧めします。
事前授業については、打ち合わせの際にどうぞご相談ください。
事前授業で活用できる鑑賞教材

6. 鑑賞活動当日

一階受付で学校名と人数(児童生徒数と引率者数)をお伝えください。 講堂または展覧会場に移動していただきます。

7. 鑑賞活動後

当日の感想、児童生徒の感想、事後授業の様子などを、ふりかえり用紙にご記入の上、FAXしてください。学校・美術館の交流を図り、今後の活動の改善につなげるために、どうぞご協力ください。

スクール・プログラムふりかえり用紙
FAX. 06-6447-4698(学芸課)

小・中・高校団体観覧料について

  • コレクション展:高校生以下と引率教員は無料です。
  • 企画展:中学生以下と引率教員は無料、高校生と引率教員は企画展により異なります。

鑑賞マナー指導のお願い

美術作品は貴重な文化財であり、後世に受け継いで行く必要があります。また、美術館には作品鑑賞を楽しみに来られている多くの来館者がいらっしゃいます。作品を大切にすること、他の来館者の気持ちになること、この2つの点を美術館で作品を楽しむために不可欠なルールとして児童生徒に徹底してくださいますようお願いします。「~しない」という注意だけでなく、児童生徒がその理由を理解できるように、どうぞご指導ください。

作品には触らない

→作品に触ることにつながることはしない
作品に極度に近づく、作品の間際を指差す、作品に鉛筆などを向けることは危険です。

→展示台、壁には触らない
作品が落下する原因となり大変危険です。

→展示室内でのメモ書きは鉛筆のみご使用ください
作品保全のため、シャープペンシル、ボールペン、消しゴム等は使用できません。

騒がない

作品や美術館について、児童生徒の同級生や先生との小さな声での会話は歓迎しますが、他の来館者の鑑賞の妨げになるような大きな声は控えてください。

走らない

児童生徒が転倒したり、作品や他の来館者にぶつかったりする危険があります。

よくある質問

昼食場所

館内にはありません。多くの学校が美術館入り口近くの広場を利用しています。

団体バス駐車場

大阪市立科学館の駐車場をご利用いただけます。ご利用を希望される場合は必ず事前に当館にご連絡ください。駐車料金は2,000円/1時間です。
予約受付期間:ご利用日の1ヶ月前から1週間前まで

※大阪市立科学館利用団体の予約状況により、ご利用いただけない場合もあります。ご了承ください。
なお、大阪市立科学館をご利用の場合、料金は1000円/時間となります。
詳細は、大阪市立科学館(06-6444-5656)へお問合せください。

撮影

学校の記録撮影の場合は、腕章着用、フラッシュなし、三脚なしで撮影していただけます。事前にお申し出ください。なお、作品の一点撮り、児童生徒の活動風景が入らない撮影などはご遠慮ください。

模写

ワークシートなどに、学習目的での簡単な模写は許可しています。その場合、鉛筆のみご使用いただけます。シャープペンシル、ボールペン、消しゴム等は不可となっています。

美術館での鑑賞に興味はあるが、具体的な予定が立っていないとき

どのような質問でもお気軽にお寄せください。
TEL. 06-6447-4680(代) 教育普及担当まで

教職員向けの研修

先生のためのプログラム」をご覧ください。

国立国際美術館スクール・プログラムガイド

無料で配布しています。ご希望の際には、ご連絡ください。
TEL. 06-6447-4680(代) 教育普及担当まで

  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース