• 現在の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会
    • 2010年代
    • 2000年代
    • 1990年代
    • 1980年代
    • 1970年代
 

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

2020年11月3日(火・祝)-2021年1月31日(日)


ロンドン・ナショナル・ギャラリー史上初の全61作品に及ぶ大規模所蔵品展。フェルメール、レンブラント、ゴッホら同館所蔵の世界的傑作が待望の初来日を果たします。

フィンセント・ファン・ゴッホ
《ひまわり》1888年 油彩・カンヴァス
ⒸThe National Gallery, London. Bought, Courtauld Fund, 1924

コレクション2 米・仏・独・英の現代美術を中心に

2020年11月3日(火・祝)-2021年1月31日(日)


当館では、主に1945年以降の国内外の現代美術作品を中心に収集を行っています。近年収蔵された作品を中心とした当館のコレクションをご紹介します。

ライアン・ガンダー 《ワタシは・・・(xviii)》 2017年 国立国際美術館蔵

ミケル・バルセロ展(仮称)

2021年3月20日(土)-5月30日(日)


スペインが生んだ現代絵画の最高峰、ミケル・バルセロ(1957-)の、創作活動の全貌を紹介する、日本初となる展覧会。

コレクション展

2021年3月20日(土)-5月30日(日)


Viva Video! 久保田成子展

2021年6月29日(火)―9月23日(木・祝)


1960年代半ばからニューヨークを拠点に活動した新潟出身のヴィデオ・アーティスト、久保田成子(1937-2015)の、日本初となる回顧展を開催します。久保田は、映像表現を立体に統合した「ヴィデオ・スカルプチャー」を1970年代に発表し、ヴィデオ・アートを牽引する革新者として活躍しました。代表作品して知られる「デュシャンピアナ」シリーズをはじめ、シングル・チャンネルの映像作品、ドローイング、アーカイヴ資料などをご覧頂きます。

鷹野隆大写真展(仮称)

2021年6月29日(火)―9月23日(木・祝)


女か男か、ホモかヘテロかといった二項対立の狭間にある曖昧なものの可視化を試みた作品集『 IN MY ROOM 』( 2005 )で木村伊兵衛写真賞を受賞した鷹野隆大(1963- )。初回顧展となる本展では、セクシュアリティをテーマにした写真のみならず、日課としてきたスナップ写真や東日本大震災以降の新シリーズ等を含む全仕事のなかから、2000 年以降の百数十点を時系列に展覧し、アイデンティティや既成のものの見方を問うてきた写真家のエッセンスに迫ります。

鷹野隆大《2012.05.19.#a31(「毎日写真」より)》2012年
©︎Takano Ryudai, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

ボイス+パレルモ(仮称)

延期(2021年度予定)


ドイツの芸術家ヨーゼフ・ボイス(1921-86)と、その弟子ブリンキー・パレルモ(1943-77)の二人展。両者の作品に通底する、造形理念のありようを探ります。

感覚の交差展(仮称)

延期(2021年度予定)


美術館の展示空間をラボラトリーと捉え、実験的な表現方法を追求する各アーティストが、来館者へのユニークな発信とコミュニケーションを試みます。出品作家:今村源、中原浩大、名和晃平、他。

都合により、展覧会の会期、タイトルおよび内容が変更になる場合があります。

  • 所蔵図書資料について
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース