• 館長からのメッセージ
  • 美術館の歴史
  • 所蔵作品検索
  • 出版物
    • 記録集
    • 展覧会図録
    • 国立国際美術館ニュース
  • 寄附のご案内

館長からのメッセージ

美術館は川

館長  山梨 俊夫

 前館長建畠晢氏の後を襲って、今春四月に着任いたしました。

 国立国際美術館が中之島に移り8年目を迎え、これまでを振り返ると、千里の万博記念公園に開館して以来30数年の歴史の蓄積のなかに貫かれている美術館活動の方向性が見えてくる。もっとも顕著なのは、現代に積極的な関心をもち、美術の現代から発せられる様々な問題を探り出し、人々とともに考えていこうということである。もちろん、当美術館の活動はそれだけに限られない。しかし、国立国際美術館は、この一貫した方向性をもっとも重要な軸線と考え、それを持続させることで自らの個性を形成してきた。新たに舵取りを務めるにあたって、この軸線を大きく変更せずに維持していくことがまず肝要だと考えている。

 現代を生きることから投げかけられる問いに真摯に答えていく美術家たちの仕事は、同じ時代を共有する私たちに大きな刺激と触発を与える。美術を媒介にして果たされる、美術家たちと見る者とのこの応答は、美術の魅力の中核をなしている。その魅力を、美術館を訪れる人々にできるだけ多く受け取ってもらい、それを種子にして一人一人が新たに多様な実りを育てるきっかけを提供することが美術館の最大の役割であるだろう。美術作品、美術家たちの仕事を目の当たりにして、それが語りかけてくることに驚き胸打たれ、私たちはそれに刺激され新たな感受性を開かれて、思いもかけなかった思考が呼び起こされる。美術とのそうした応答が実際に起きる場としてこそ、美術館は存在している。
 言うまでもなく、それは現代の美術との交信によって引き起こされるばかりでなく、美術という広大で肥沃な領野の過去の時代、様々な地域との交信からももたらされる。それゆえに国立国際美術館は、現代の美術と関わることを中心軸としつつ、美術の限りない豊かさを忘れず、別の時代を紹介する機会も捉えながら美術の語り口を多彩なものにしていくことも必要としているだろう。こうしたことを基本としたうえで、では、あるべき美術館の姿とはどういうものかと思い浮かべてみたい。

 たとえば美術館は川。源流に美術家たちの仕事、彼らの手から生まれた作品がある。美術家たちを源として無数の支流が流れ出し、早瀬をなし淵を作りながら川は、中流に入ると水嵩を豊富に湛えていく。それは美術館に作品が集まる様子そのものである。ダムや堰堤に水が溜められ、人々がやって来て水の輝きや彩りを眺め楽しむのは、展覧会になぞらえることができる。河原にも人々は集い、流れの傍らで様々な遊びや学びがつくりだされる。かと思えば、何もせず堤防の木陰でただ川を眺めながら吹き抜ける風を楽しむ人もいるだろう。人それぞれに川がそこに在ることを享受する。川はそういう人々の楽しみを呑み込みながら、ますます豊かな流れとなって、やがて、歴史の大海に流れ出していく。
 美術館で働く人々は、美術館という川の流れを滑らかにし、深さを測り水質を調べ、川筋を整え、流れを楽しむ人々の集う河原を用意し、流れの行方を思いやっている。中世の日本には「楽市」があったという。集落や町をはずれた河原のような人々が行き交う場に、為政者の規制の及ばない自由に交易できる市が立った。楽市はそういう交易場を指している。河原に立つ楽市のような賑わいの場となる美術館は、治外法権の地でこそないが、美術を仲立ちにして精神の自由な交易が交わされる想像力の楽市となる。
 美術館の望ましい姿は、そんな川から連想される。川筋をつくり流域を整えるのは美術館で働く人間であっても、水流そのものは美術家たちのつくるもの、川を楽しみ川筋の賑わいをつくりだすのは美術館を訪れる人々である。美術館という川は、数々の人の手で初めて生き生きとした姿を得ていく。

 そういう川はどうすれば生まれるだろうか。美術館からの働きかけを活発にして、美術家を含め多くの人々が近づきやすいものにすることが第一の要件ではあるだろう。しかしそう言っただけでは漠然として判りにくい。美術館活動の成り立ちを思ってみれば、それは次の四つの柱を骨組みにして構成される。

1. 展覧会=見せる / 2. 作品収集=伝える / 3. 普及=遊ぶ / 4. 調査研究=考える

1 展覧会=見せる

 まず、美術館活動の根幹をなすものに展覧会がある。展覧会は外側からも見えやすい活動であると同時に、美術館の性格づくりに大きく寄与している。そして何よりも、優れた美術を人々に紹介し、美術がわれわれに投げかける多様な問題を提示するという美術館の主要な役割を担っている。ここでは、日本をはじめ世界中の地域から、今日的な課題を抱え込みながら優れた質をきらめかせる仕事、先鋭に問題提起を行っている仕事が積極的に掘り起こされていく。変貌しつつある現代を生きる美術家たちからの発信を受け止め、今日的な意義を基準にその発信を選択しながら人々に提示することを中心にする一方で、現代の美術が歴史や社会から遊離したものではないことを考慮するならば、その根を歴史的に探る必要もあるだろう。つねに現代は、先行する時代との応答、その否定と肯定の交錯を通して自らをつくりだしている。その意味でわれわれの時代を理解するために、いま生まれている美術とともに、その母胎となった過去の検証と紹介を併せて行い、それを多くの人々の鑑賞に供し、美術の楽しみと喜びを何よりも直接に味わってもらうことが欠かせない。
 では、具体的にはどのような展覧会を開催していくのか。おおよそ次に掲げる方針に沿って、私たちと同時代の美術を核に、その起源となっている近代やさらに時をさかのぼる時代の優れた美術を紹介することを目指している。

展覧会の方針:当美術館の独自性、個性づくりの根幹を展覧会事業の展開に置き、現代美術にかかわる展覧会を中軸に据えて多彩な展覧会を組んでいくことを基本方針とする。

  • 1)日本現代の美術を主導する優れた美術家の個展、グループ展
  • 2)欧米、アジア、アフリカ、オセアニア等、海外の現代美術の動向を紹介する個展、グループ展
  • 3)現代の多様な課題を国際的視野をもって捉えたテーマ展
  • 4)現代との関連を探る視点に立った、内外の近代美術の紹介
  • 5)海外の近代以前の美術に、私たちの現代生活との関連性を探る展覧会

2 作品収集=伝える

 作品収集は、以上のような展覧会の機会に活用できる作品を収蔵することを目的にするのは当然として、それに加えて大事なのは、価値判断に責任を負って、自分たちの時代のなかから質的にも意義のうえでも後世に残すべき作品を選びだして次の世代に伝えていくことである。そこにはいま生まれた作品ばかりではなく、先行する時代から受け継がれてきた作品を改めて選びなおして未来に引き渡す作業も含まれている。美術作品は他者に見られることによって初めてその生命を得ていく。見られなければ何の意味もない。何よりも多くの人の眼に触れるために、そして未来の眼のために、現在を、また過去をよりよく理解できる作品を収集することも、美術館の社会的な役割として重要なものとなる。付言すれば、作品に限らず、美術家たちの活動を証言し作品の背景を明かす美術資料の類も同時に、美術のもつ意義を解き明かすのにきわめて有効な手立てとなる。作品と資料の蓄積によって美術館の基礎体力が培われていく。

収集方針:美術館の体力となるコレクションは、美術館の個性をつくるもう一つの基軸として以下の方針に沿って、購入、寄贈、寄託等により収集を進める。

  • 1)20世紀後半以降の国内の美術動向を明示する作品
  • 2)20世紀後半以降の海外の美術動向を示す優れた作品
  • 3)国内外を問わず国立国際美術館の展覧会に出品された作品
  • 4)19世紀以降の近代美術で現代美術に影響を与えるなど、現代美術と関連の深い作品
  • 5)すでに所蔵されている当館の作品と関連する作品
  • 6)現代美術にかかわる重要な個人の収集作品
  • 7)現代美術に関する資料

収集範囲はジャンルを問わない。

3 普及=遊ぶ

 普及は、美術と遊ぶ、美術を遊ぶと言い換えることができるだろう。このとき「遊ぶ」という意味は、日常的な遊びの範囲にとどまらず、何か実際的な役に立つ行為から逸脱した精神の解放であり、精神の自由のなかで人それぞれの発見や出会いを伴う美術の楽しみを充実させていくことでもある。教育普及と言うと学ぶ側面が強くなってしまうが、美術から何かを学び取ることは大切だとしても、遊ぶという視点で、もっと能動的な美術との関わりを促す工夫をすることも美術館活動には必須になる。例えば、美術作家たちが美術館を訪れたとき、彼らと作品をめぐって言葉を交わし彼らの美術への深く熱い思いを直接感じ取る機会を捉えるといったことは、美術を「遊ぶ」ことのもっとも充実した時間になっていくと思われる。作家と出会い、作品が語りかける言葉以外の生な情報に触れる場を美術館が提供する、それも普及活動となり、美術館を開いていく作業の一つである。また、音楽、文学、演劇なども美術館を場にして行われると、美術との関係性で色合いと姿が変わり新鮮な驚きをもたらしてくれるだろうし、遊びを通した自己形成が得意な子どもたちは美術との自由な出会いによって予測されない感動を様々に見出していくことであろう。
 普及活動は、美術館の側から人々に働きかける方向を最初のものとしながら、人々が美術館をさまざまに楽しみ自分たちから進んで活用する方向と相互に作用し合いながら展開するものとなる。従って、普及は、美術館の存在と事業を広く知ってもらうためのものばかりではなく、人々が美術館を有効に利用することを促す活動をも積極的に実施していかなければならないと考える。

普及活動方針:充実した美術館活動を形成する各種の事業を展開し、あらゆる年齢層が美術館に親しみ、楽しみながら様々な形で「学び」が得られるよう、時代と社会の要請に柔軟な対応を図る。そのために、以下のような活動を行う。

  • 1)美術鑑賞の深化に資するプログラム(ギャラリー・トーク、アーティスト・トーク、シンポジウム、講演会等)を開催する。
  • 2)あらゆる角度から美術館に親しむプログラム(文学、音楽、演劇等の他領域の公演)を開催する。
  • 3)児童が美術館及び美術作品と親しむ機会を提供する。
  • 4)地域社会と連携して広い年齢層を対象にした、美術理解の機会をつくる。
  • 5)(ボランティア、インターンなど)スタッフとして美術館活動に携わる場を提供する。
  • 6)展覧会を中心とした図書資料の公開を始め、映像資料、デジタル情報等の美術情報を充実させ、公開を図りながら美術理解と研究に資する。
  • 7)美術館活動にかかわる印刷物を発行する。

4 調査研究=考える

 調査研究は、美術館を訪れる人には見えにくいかもしれない。しかしこれは展覧会、作品収集、普及のすべてを支える美術館活動の土台であり、屋台骨をなしている。同時代美術と美術史の研究、作家作品についての調査が、日々持続的に行われなければ、他の活動の充実は図れず、美術館は痩せていく。美術館の調査研究は、研究そのものを目的とするのとは異なり、成果が直接美術館活動に還元されていく性格をもっている。作品という物に付き、作家という人間に接する調査と研究は、部屋にこもって文献に入り込んでいくだけではどうにもならず、収蔵庫で作品の裏まで見詰め、街に出て他の美術館や画廊をめぐり、できるだけ作品を見て人に会い、作家と直接接して生きた情報を吸収するなど、美術が生成する状況を自ら確かめていくことと密接に結びついてもいる。こうした実践的な研究から、展覧会や普及活動の企画が生まれ、良質の作品との出会いが訪れる。実践的な側面と学術的な側面双方から調査研究の質を高めることに怠りなく努めなければ、到底美術館の活力の向上は望めない。日常的に調査研究を怠りなく進めるよう努めることは、美術館活動の質の維持に不可欠であると考えている。

 以上の四つを柱とし、バランスよくそれぞれを遂行すること、それが豊かな美術館を実現することにつながると確信している。
 私どもの美術館は国立ではあるが、どのような美術館であれ、建っている地域と密接に結びつき、血の通った実のある関係を維持し、地域社会から歓迎されなければ、豊かな活動は展開できない。国立国際美術館と名付けられているように、全国的な観点、世界に向けられた視野を保つことも大切である一方、地域と連携し自らの足元を確実にすることが同じように、あるいはそれ以上に重要になる。広い視野と足元をみる視点双方を着実にし、訪れる人に美術館を快適で親しみやすい空間にすること、いま、それを念頭において四つの柱をさらに確固とすることに精いっぱいの力を注いでいこうと思いを固めている。そして美術館を訪れ、活動に参加される多くの人々のご協力を切に願ってやまない。

(2011年7月)


  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース