近作展29 ヤノベケンジ MEGALOMANIA

会期:2003年8月2日~9月23日

ヤノベケンジは1965年大阪府生まれ。1991年、京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。大学院在学中の1990年にキリンプラザ大阪コンテンポラリー・アワード'90の最優秀賞を受賞。以後、現代社会におけるサヴァイヴァルをテーマに様々な立体作品を制作発表、国内外の数多くのグループ展にも出品し、幅広い活動を行ってきた。近年は、リヴァイヴァルをテーマにし、未来への再生を謳う作品を発表している。
ヤノベは、1970年の大阪万国博覧会の跡地を遊び場として幼少期を過ごした。多くのパビリオンが解体される現場を目の当たりにして受けた衝撃が、彼の創作の出発点となった。ヤノベはそこに「未来の廃嘘」と新しい創造の可能性を見出したのである。その意味で、万博公園内にある当館は、ヤノベケンジの展覧会を開くのに最も適した場所であり、中之島の新館への移転を控えていた当館にとっても意味ある展覧会となった。
「MEGALOMANIA」(誇大妄想狂)と題された本展覧会は、ヤノベの過去の主要作品とともに、解体撤去されたエキスポ・タワーの部材を使用した新作など約40点を一つの妄想都市として構成・紹介した。そのパビリオン的な会場構成により、ヤノベが体験した「未来の廃墟」への時間旅行を、鑑賞者が追体験できるインスタレーションとなった。
本展覧会会期中には、作品を実際に鑑賞者が体験できる日をもうけるなど、数多くの関連行事が行われ、まるで遊園地を思わせるような親しみやすい会場構成と相まって、多くの子どもを含めて、12,000人を超える来館者が訪れた。

  • 入場者:総数12,562人(1日平均273人)
  • 主催:国立国際美術館
  • 協賛:株式会社資生堂/キリンビール株式会社/(財)ダイキン工業現代美術振興財団
  • 講演会:「作者と語る(作品デモンストレーションをまじえて)」日時:08/09(土)、
    「作者と語る MEGALOMANIAに至るまで」日時:09/13(土)
  • ギャラリートーク(展示作品解説):日時:08/23(土)
  • イベント:「オープニングイベント」日時:08/02(土) 出演者:ヤノベケンジ、榎並マーチングクラブ「ぱれっと」、浪速のトラやん
    「オープニング・スペシャルFM」"Turn on, Tune in, Drop in"、日時:08/03(日)出演者:FLOWER OF LIFE
    「タンキング・マシーン瞑想体験」、日時:08/09(土)
    「−マンマに還る日−試着体験」、日時:09/14(日)
    「クロージング・スペシャルFM」"Turn on, Tune in, Drop in"、日時:09/23(火・祝)出演者:FLOWER OF LIFE
    「アトムカーで美術館ドライブ」日時:会期中毎週日曜日
  • パンフレット:「近作展29 ヤノベケンジ」
    29.7×21.3cm/6ページ/カラー21点
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース