風穴 もうひとつのコンセプチュアリズム、アジアから

会期: 2011年3月8日~6月5日

欧米を中心に60年代から70年代にかけて広がったコンセプチュアル・アートは、文字や記号による非物質的な表現をはじめ、映像、パフォーマンスなどジャンル横断的な広がりを見せました。その後、制度批判的なアートや、これまでの美術史・美術批評に厳密に言及した自己批判的なアート、さらに90年代以降は日常性や身体といったキーワードも取り込んだアートを含め、今日ではより広い範囲の作品を指して「コンセプチュアルな」という言葉が用いられます。 本展覧会は、より広い意味でのコンセプチュアルな傾向をもつ作家たちをアジアの各地域から紹介する初めての試みです。
アジアという場を措定することの困難さをふまえつつも、あえて「アジアから」としたのは、制度批判・歴史批判的なその性質上、欧米中心的な文脈で成立してきたコンセプチュアル・アートに、異なる角度からアプローチするためです。 アジアとは何か、コンセプチュアリズムとは何かという問いにひとつの答えを出すことが展覧会の目的ではなく、アジアに出自をもつ作家たちが、芸術をめぐる現在の状況へどのように反応していくのか、さまざまな態度が示唆される多声的な場を生み出すことを目的としています。あらゆる場面で欧米中心の価値基準が相対化されていく中、作家たちは自らのアイデンティティを見つめ、アートワールドの中で作動しているポリティクスを注意深く見極めながら、自分たちの規則、寄って立つ場を探っています。
たとえば、中国の近代化をアーカイヴという手法を通して見直す邱志傑(チウ・ジージェ)。作品を成立させるシステムやルールに細心の注意を払いながら展示空間を構築する木村友紀。パフォーマンスをベースに「都市」に反応し続けるcontact Gonzo。タイのアラヤー・ラートチャムルーンスックやベトナムのディン・Q・レーの作品は、アートが成立する場について問いかけながらも伸び伸びと爽やかな印象を与え、私たちの価値観を解きほぐしていきます。島袋道浩や韓国のヤン・ヘギュらは、日常の中に作品の素材となるものごとを見出し、感覚的でありながらも優れた批評性を作品に内包させることで、私たちの日常を転換させます。他の作家より少し上の世代となるプレイの牧歌的ともいうべきユーモアは、現代の閉塞感に柔らかな風を吹き込み、また若い世代の作家たちと響き合うことで新たな発見をもたらすものとなるでしょう。活版や古紙を用いたデザインワークで知られる立花文穂による印刷物(チラシ・チケット等)は、展覧会に独特の手触りと温かみを与えます。さらにカタログ編集にも立花の視点を取り入れることで「もうひとつの風穴展」ともいうべき世界が立ち上がります。
「風穴」とは、風の抜け道です。無理やりこじあけるのではなく、すでに開いている穴をもう一度通ってみること、そこから吹き込んでくる風を感じてみること。足場をしっかり固めて遠くを目指す。規則のほころびを捉えて、物事や領域の隙間を押し広げる。「コンセプチュアリズム」は、芸術を狭い意味に閉じこめるのではなく、枠組みを解体することで新しい風を呼び込み、無限の可能性を見せてくれるものです。さらなるグローバリゼーションと激しい経済変動のなか、知恵とユーモアで新しい風を呼び込む作家たちによる「もうひとつのコンセプチュアリズム」を是非ご覧ください。

出品作家
プレイ/アラヤー・ラートチャムルーンスック/ディン・Q・レー/立花文穂/島袋道浩/邱志傑/
木村友紀/ヤン・ヘギュ/contact Gonzo

  • 主催:国立国際美術館
  • 協賛:(財)ダイキン工業現代美術振興財団
  • 助成:(財)安藤忠雄文化財団

展示作品

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

プレイ 《現代美術の流れ》 1969年
Photograph by Higuchi Shigeru/Courtesy of Ikemizu Keiichi

アラヤー・ラートチャムルーンスック
《ルノワールの《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》とタイの村人たち》
2008年 Courtesy of the Artist

ディン・Q・レー 《ナショナリズムの基盤》 2009年
Courtesy of the Artist

立花文穂 《草草》 2010年
Courtesy of the Artist

島袋道浩 《柿とトマト》 2008年
Courtesy of the Artist + Air de Paris, Paris

邱志傑 《南京長江大橋に血で描かれた落書「愛が消えるとき、私ができるのは忘れることだけだ」》[部分]
2008年 Photograph by Qiu Zhijie/Courtesy of the Artist

木村友紀 《無題》[部分] 2010年
Courtesy of IZU PHOTO MUSEUM

ヤン・ヘギュ 《Seoul Guts》 2010年
Photograph by Kim Sangtae/ Courtesy of Kukje Gallery Seoul

contact Gonzo パフォーマンス写真
Photograph by Hayashi Shigemitsu

関連イベント

関連イベント

開館時間

午前10時~午後5時、金曜日は午後7時まで (入館は閉館の30分前まで)

休館日

毎週月曜日 (ただし3月21日(月・祝)、5月2日(月)は開館、3月22日(火)は休館)

観覧料

当日:一般850円/大学生450円
前売:一般700円/大学生350円
団体:一般600円/大学生250円

  • ※本料金で「コレクション4」「特集展示 早川良雄ポスター展」もご覧いただけます。
  • ※団体は20名以上
  • ※高校生以下、18歳未満、心身に障害のある方とその付添者1名。
    いずれの方も無料 (ただし、証明できるものをご提示いただく場合があります)。
  • ※前売券は、チケットぴあ、セブンイレブン、サークルKサンクス(Pコード:764-453)、
    ローソンチケット(Lコード:57589)で販売。
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース