• 現在の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会
    • 2010年代以降
    • 2000年代
    • 1990年代
    • 1980年代
    • 1970年代

ミケル・バルセロ展

会期: 2021年3月20日(土・祝)-5月30日(日)

スペイン現代美術界の巨匠ミケル・バルセロ(1957-)の、日本初となる大規模個展を開催します。地中海の光と影。マジョルカ島の海とアフリカの大地。バルセロは自然が育み、自然から限りなく豊かな着想を得ている稀有な才能の持ち主です。

1982年、現代美術の国際展として名高い、カッセルの「ドクメンタ7」でデビューを果たして以来、世界を舞台に華々しい活躍を見せ続けているバルセロは、パブロ・ピカソやジョアン・ミロといった、同じスペイン出身の巨匠たちのように、豊かな創造性を多様なジャンルで発揮してきました。絵画にはじまり、彫刻、陶芸、版画、そしてパフォーマンスにいたるまで、その表現力はあらゆる方面へと向けられ、自然世界に開かれたおおらかで大胆、しかも繊細な感受性は、力強いエネルギーを創作物へと昇華させています。また、マジョルカ島のパルマ大聖堂内礼拝堂や、スイス・ジュネーヴの国連本部の天井画など、壮大なプロジェクトの数々も実現させており、精力的な芸術的探究心は止まるところを知りません。

生地マジョルカ島を始め、パリ、アフリカ他、世界各地にアトリエを構えながら、モチーフの面でも多彩な相貌を見せるバルセロ芸術の全容を、本展では彼の代表作約100点によって紹介します。大きなカンバス作品、自在な形を作り出す陶の作品、高度な技術と独創的な技法によるブリーチ(漂白)絵画、世界各地の風土を捉えた瑞々しいスケッチや水彩画など、バルセロが開拓した芸術の未踏の地を、ぜひご堪能ください。

[展覧会監修]
山梨俊夫(国立国際美術館館長)
エンリケ・フンコサ(美術批評家、前アイルランド国立美術館館長)

  • 主催:国立国際美術館、読売新聞社
  • 後援:スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
  • 協賛:ダイキン工業現代美術振興財団
  • 制作協力:ファクト・コンセプトウール、瀧脇千惠子

展示作品

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

ミケル・バルセロ《とどめの一突き》1990年 作家蔵 Photo by André Morin

ミケル・バルセロ《下は熱い》2019年 作家蔵 Photo by Agustí Torres

ミケル・バルセロ《亜鉛の白:弾丸の白》1992年 作家蔵 Photo by André Morin

ミケル・バルセロ《カピロテを被る雄山羊》2006年 作家蔵 Photo by Galerie Bruno Bischofberger

ミケル・バルセロ《恐れと震え》2018年 作家蔵 Photo by Galerie Bruno Bischofberger

ミケル・バルセロ《トーテム》2019年 作家蔵 Photo by David Bonet

関連イベント

調整中です。

 

 

関連イベント

会期

2021年3月20日(土・祝) -5月30日(日)

開館時間

10:00─17:00、金曜・土曜は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで

休館日

月曜日(ただし、5月3日(月・祝)は開館)

観覧料

一般1,200円(1,000円) 大学生700円(600円)
※( )内は20名以上の団体および夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜の17:00―20:00)
※高校生以下・18歳未満無料(要証明)・心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
※本料金で同時開催のコレクション展もご観覧いただけます。

  • 前の展覧会
  • 所蔵図書資料について
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース