• 現在の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会
    • 2010年代
    • 2000年代
    • 1990年代
    • 1980年代
    • 1970年代

抽象世界

会期: 2019年5月25日(土)―8月4日(日)

いま抽象芸術が復活しています。前世紀初頭の前衛芸術としての抽象と戦後美術批評に擁護されたアメリカの抽象が、美術史上の主要な先例であり代表的動向でもある抽象芸術が、近年ヨーロッパとアメリカにおいて注目を集めています。

1970年頃のいわゆる絵画の死が、続く時代の絵画の端緒となり、80年代以降の美術活動は、進歩史的な美術観から解放され、美術遺産と柔軟な関係を結びました。抽象芸術は80年代以降、先行する抽象的な作品だけではなく、過去の美術の様々な概念や手法を活用してきました。そうして、融通性があって、混成的で、拡張的なものとなりました。創成期の絶対性は効力を喪失し、モダニズムの教条主義を超克した現況下に、新しい抽象芸術が誕生しています。

本展の焦点は、1980年以降今日までの約40年間のヨーロッパとアメリカの抽象芸術です。80年以前に活動を開始した歴史的な美術家の作品も含みつつ、独創的で魅力的な抽象作品を、絵画を中心に彫刻も交えて紹介する貴重な機会となります。

出品作家
エルズワース・ケリー(1923-2015)
ラウル・デ・カイザー(1930-2012)
ダーン・ファン・ゴールデン(1936-2017)
フランツ・ヴェスト(1947-2012)
ジョン・アムレーダー(1948-)
ギュンター・フォルグ(1952-2013)
ミハエル・クレバー(1954-)
クリストファー・ウール(1955-)
ハイモ・ツォーベルニク(1958-)
ウーゴ・ロンディノーネ(1964-)
トマ・アブツ(1967-)
スターリング・ルビー(1972-)
リチャード・オードリッチ(1975-)

  • 主催:国立国際美術館
  • 協賛:ダイキン工業現代美術振興財団

展示作品

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 |

エルズワース・ケリー《斜めの黒いレリーフ》2010年
Estate of Ellsworth Kelly, © Ellsworth Kelly Foundation, courtesy Matthew Marks Gallery

ラウル・デ・カイザー《お化け》2007年
  個人蔵 © Raoul De Keyser, courtesy Wako Works of Art

ダーン・ファン・ゴールデン《ヘーレンルックス 1》1993年
Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands,
  purchased with support of the Board of Fine Arts and Architecture of the Ministry of Culture

フランツ・ヴェスト《無題》2011年
Estate Franz West, Vienna, © Archiv Franz West,
© Estate Franz West

ジョン・アムレーダー《大さじ》2016年
Courtesy of the Artist and Almine Rech, © John Armleder, photo: Annik Wetter

ギュンター・フォルグ《無題》1999年
Estate Günther Förg, Suisse, courtesy Hauser & Wirth and Almine Rech

ミハエル・クレバー
《MK/M2014/15, MK/M2014/19, MK/M2014/10, MK/M2014/12, MK/M2014/05, MK/M2014/17》(部分)2014年
Collection of Jennifer and David Millstone, courtesy Galerie Buchholz, Berlin/Cologne/New York

クリストファー・ウール《無題》2014年
© Christopher Wool

ハイモ・ツォーベルニク《無題》2010年

ウーゴ・ロンディノーネ《二千十四六月二十二》2015年
公益財団法人石川文化振興財団蔵 © Ugo Rondinone

トマ・アブツ《Tewes》2010年
Collection of Igor DaCosta,
courtesy the Artist; greengrassi, London, photo: Marcus Leith

スターリング・ルビー《ACTS/SPLITTTTTTING》2018年
© Sterling Ruby, courtesy Taka Ishii Gallery, photo by Robert Wedemeyer

リチャード・オードリッチ《女神》2016年
Courtesy of the artist and MISAKO & ROSEN, © Rik Vannevel

関連イベント

ギャラリー・トーク

〈プレミアムフライデー企画〉

  • ※5月31日(金) 18:00~/B3階 展示室
  • ※参加無料(要観覧券)、開始30分前から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出します(先着90名)

ギャラリー・トーク

  • ※6月15日(土) 14:00~/B3階 展示室
  • ※参加無料(要観覧券)、開始30分前から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出します(先着90名)

講演会

「抽象の理由、経路、帰結、および現在:A・ダントーを手がかりに(仮)」

講師: 佐藤一進(神戸学院大学法学部准教授)

  • ※7月6日(土) 14:00~/B1階 講堂
  • ※参加無料、先着130名、当日10:00から整理券を配布します

入館案内

開館時間

10:00 ─ 17:00、金曜・土曜は20:00まで
※7・8月の金曜・土曜は21:00まで
※入場は閉館の30分前まで

休館日

月曜日(ただし、7月15日(月・祝)は開館し、翌日休館)

観覧料

一般900円(600円) 大学生500円(250円)
※( )内は20名以上の団体料金  
※高校生以下・18歳未満無料(要証明)・心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
※本料金で、同時開催の「コレクション特集展示 ジャコメッティと Ⅰ」もご覧いただけます。

夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜の17:00以降)一般700円 大学生400円

『抽象世界』2019/5/25(土)~2019/8/4(日) 優待一覧

  • 所蔵図書資料について
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース