過去のイベント

2017年イベント一覧

8月5日(土)
14:00~15:30

「バベルの塔」展 記念講演会「ブリューゲル《バベルの塔》の衝撃 マクロとミクロの融合」

講師:高橋達史(青山学院大学文学部比較芸術学科教授)

  • ※10:00から整理券を配布
  • ※参加無料(要観覧券)・先着130名

B1階
講堂

7月28日(金)
19:00~20:00

プレミアム・フライデー ナイトトーク「バベルの塔展」見どころ解説

講師:安來正博(当館主任研究員)

  • ※参加無料(ただし本展の観覧券が必要)
  • ※各回先着130名(当日、開始1時間前からB1階インフォメーションにて整理券配布)

B1階
講堂

7月22日(土)
14:30~16:30
7月23日(日)
11:00~13:00
14:30~16:30

「バベルの塔」展 1万個の紙コップで作ろう!巨大な塔!

素材は紙コップ!積み上げたり並べたり、あなただけの大きな塔を作ってみよう!
対象:3歳以上の未就学児(要保護者同伴)、小学生
協力:コロコロクラブキッズアートスクール

  • ※参加無料(ただし、同伴の保護者は要観覧券)
  • ※各回先着子ども20名と同伴の保護者(当日、各回の開始1時間前から整理券配布)

B1階
講堂

7月2日(日)
14:00~

「第57回ベネチア・ビエンナーレ」参加報告会

Arsenale Zig Zag
IE: PLAY HAVE A HOUSE
2017年5月9日5:00pm

「1972年、PLAYはIE(house)を作った。
IEを川に浮かべて、流れるIEの中で6日間暮らした。
以来、IEは私たちの意識の中で流れ続けている。

2017年5月9日、IEはアルセナーレに流れ着いた。
夕刻、私たちはIEに乗り込み
アルセナーレ・ディ・ベネチアを約700m航行した。」

2016年、当館にて個展「THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ」を開催したプレイによる活動報告会です。プレイは、現在イタリアで開催されている大規模な国際展「ベネチア・ビエンナーレ」(2017年5月13日~11月26日)に参加しています。国際美術館でも出品された《IE: PLAY HAVE A HOUSE》がベネチアでどのような展開を遂げたか、報告会と合わせて講堂で1日限りの資料展示を行います。

主催:プレイ 共催:国立国際美術館
※参加無料・先着130名

詳しくはこちらをご覧ください

B1階
講堂

7月1日(土)19:00~

ライアン・ガンダー展 ギャラリー・トーク

講師:当館研究員

  • ※ワイヤレス受信機の貸し出しはありません
  • ※参加無料(要観覧券)

B3階
展示室

6月30日(金)17:15~

ライアン・ガンダー展 ギャラリー・トーク

講師:当館研究員

  • ※ワイヤレス受信機の貸し出しはありません
  • ※参加無料(要観覧券)
  • ※プレミアムフライデーに合わせてギャラリー・トークを開催します。17時からの夜間割引も開催しているお得な時間にぜひお越しください。

B3階
展示室

6月24日(土)19:00~

ライアン・ガンダー展 ギャラリー・トーク

講師:当館研究員

  • ※ワイヤレス受信機の貸し出しはありません
  • ※参加無料(要観覧券)

B3階
展示室

6月18日(日)

こどもびじゅつあー

1) 11:00から
対象:小学1年生~小学4年生
2) 14:00から
対象:小学5年生~中学3年生

所要時間:いずれの回も約1時間
定員:各回10名(応募者多数の場合は抽選)
※無料・要事前申し込み(6月7日(水)必着)

申し込み方法はこちらをご覧ください

B2階
展示室

6月17日(土)14:00~

ライアン・ガンダー展 ギャラリー・トーク

講師:当館研究員

  • ※当日13:30から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出します
  • ※参加無料(要観覧券)・先着90名

B3階
展示室

5月27日(土)

こどもびじゅつあー

1) 11:00から
対象:小学1年生~小学4年生
2) 14:00から
対象:小学5年生~中学3年生

所要時間:いずれの回も約1時間
定員:各回10名(応募者多数の場合は抽選)
※無料・要事前申し込み(5月17日(水)必着)

申し込み方法はこちらをご覧ください

B2階
展示室

5月26日(金)17:15~

ライアン・ガンダー展 ギャラリー・トーク

講師:当館研究員

  • ※ワイヤレス受信機の貸し出しはありません
  • ※参加無料(要観覧券)
  • ※プレミアムフライデーに合わせてギャラリー・トークを開催します。17時からの夜間割引も開催しているお得な時間にぜひお越しください。

B3階
展示室

5月20日(土)14:00~

ライアン・ガンダー展 ギャラリー・トーク

講師:当館研究員

  • ※当日13:30から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出します
  • ※参加無料(要観覧券)・先着90名

B3階
展示室

4月30日(日)14:00~

講演会「収集と連想」

講師:ライアン・ガンダー

  • ※10:00から整理券を配布
  • ※無料・先着130名・逐次通訳有り

B1階
講堂

4月8日(土)14:00~

クラーナハ展 ギャラリー・トーク「よくわからないクラーナハ」

講師:福元崇志(国立国際美術館 研究員)

  • ※13:30から聴講用ワイヤレス受信機貸出
  • ※参加無料(要観覧券)・先着90名
  • ※10:00から整理券を配布
  • ※参加無料(要観覧券)・先着130名

B1階
講堂

3月25日(土)
14:00~15:30

クラーナハ展 アーティスト・トーク「絵がつく嘘と物語」

講師:坂本夏子(画家)

  • ※10:00から整理券を配布
  • ※参加無料(要観覧券)・先着130名

B1階
講堂

3月19日(日)~3月20日(月・祝)
10:30~16:30

ワークショップ「先生、もう悩まないでください! 図工なるべく避けたい体質改善プログラム」

講師:KOSUGE1-16(アーティストユニット)、渡邉美香(大阪教育大学教育学部准教授)
対象:小学校の教職員/小学校の教職員志望の方(2日間参加できる方)
定員:20名(事前申し込み制/応募者多数の場合は抽選)
※無料・要事前申し込み(3月8日(水)必着)

申し込み方法はこちらをご覧ください

B1階
講堂

B2階
展示室

3月11日(土)
3月12日(日)

《15日間》(鈴木志郎康、1980年)

第13回中之島映像劇場
極私的映画への招待

第13回中之島映像劇場では、「極私的映画への招待」と銘打ち、3名の映像作家の長編映画を紹介致します。
「極私的」:極めて私的なことが、映画作品という開かれた表現として共有されることについて、この語の発明者とされる鈴木志郎康の映画作品を中心に見直してみましょう。
芸術を自己表現として捉えるならば、表現者(作者)の体験や思考は、表現物において重要な意味を持っているはずです。一方、映画はエジソン、リュミエールの時代から、一種のアトラクションとして普及していったため、いかに観客の要望に応えるかということに腐心してきました。それ故か、映画をひとつの芸術形式として考えたとき、この乖離がいつも目の前に横たわることになります。今回紹介する作品群は、方法論は異なるが、作者の私的な事柄を扱った映画であり、それらは言わば作者の手に映画を取り戻す行為でもあります。それぞれの「私」をご覧いただければ幸いです。

11日(土)
13:00から Aプログラム《15日間》鈴木志郎康
15:00から Bプログラム《極私的エロス・恋歌1974》原一男
※上映後に原一男氏トーク

12日(日)
11:00から Cプログラム《私小説》かわなかのぶひろ
13:30から Dプログラム《草の影を刈る》鈴木志郎康

  • 主催:国立国際美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
  • 協賛:ダイキン工業現代美術振興財団
  • 協力:イメージフォーラム、疾走プロダクション
  • ※参加無料・全席自由・先着130名・各プログラム入れ替え制
  • ※各日10:00から当日の各プログラムの整理券を配布(1名様につき1枚)
  • ※一部性的な場面がございますのでご注意ください。

B1階
講堂

3月4日(土)14:00~

アレシンスキー展 ギャラリー・トーク

講師:中井康之(国立国際美術館 学芸課長)

  • ※13:30から聴講用ワイヤレス受信機貸出
  • ※参加無料(要観覧券)・先着90名

B2階
展示室

2月25日(土)14:00~

クラーナハ展 ギャラリー・トーク

講師:福元崇志(国立国際美術館 研究員)

  • ※13:30から聴講用ワイヤレス受信機貸出
  • ※参加無料(要観覧券)・先着90名

B3階
展示室

2月18日(土)

こどもびじゅつあー

1) 11:00から
対象:小学1年生~小学4年生
2) 14:00から
対象:小学5年生~中学3年生

所要時間:いずれの回も約1時間
定員:各回10名(応募者多数の場合は抽選)
※無料・要事前申し込み(2月8日(水)必着)

申し込み方法はこちらをご覧ください

B2階
展示室

2月18日(土)14:00~

アレシンスキー展 講演会

講師:山梨俊夫(国立国際美術館 館長)

  • ※10:00から整理券を配布
  • ※参加無料・先着130名

B1階
講堂

1月28日(土)
14:00~15:30

クラーナハ展 講演会「 クラーナハの絵画とその時代 」

講師:山梨俊夫(国立国際美術館 館長)

  • ※10:00から整理券を配布
  • ※参加無料(要観覧券)・先着130名

B1階
講堂

1月14日(土)
14:00から

プレイ展 ギャラリー・トーク

講師:橋本梓(当館主任研究員)

  • ※13:30から聴講用ワイヤレス受信機貸出
  • ※無料(要観覧券)・先着90名
  • ※約1時間

B2階
展示室

1月13日(金)
19:00から

プレイ展 ギャラリー・トーク

講師:橋本梓(当館主任研究員)

  • ※無料
  • ※約30分
  • ※19:00から「THE PLAY」展は無料でご観覧いただけますので、皆様奮ってご参加ください

B2階
展示室

  • 前年
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース