過去のイベント

2012年イベント一覧

12月22日(土)
12月23日(日・祝)

びじゅつあーすぺしゃる

「エル・グレコの絵の中をのぞいてみよう!」

午前の部:午前10時30分~午後0時30分
午後の部:午後2時30分~午後4時30分

  • ※対象:小学1年~6年生とその保護者 
  • ※定員:各回10組20名
  • ※無料・要事前申し込み(応募者多数の場合は抽選します。)

申し込み方法、チラシはこちらをご覧ください

地下3階展示場、
講堂

12月10日(月)

国立国際美術館ミュージアムコンサート

「川井郁子ヴァイオリン・リサイタル」
午後6時30分~午後8時
主催:(財)ダイキン工業現代美術振興財団、国立国際美術館
※出演:川井郁子(ヴァイオリン)、萩森英明(ピアノ伴奏)
※演奏曲目:リーナ・ニコラコポウロウ「追憶の森(Talassa)」、
ピアソラ「オブリヴィアン(Oblivian)」、
ヴィットーリオ・モンティ「チャルダッシュ」他
※曲目は変更になる場合があります。
※定員:50名
※無料、要事前申し込み(応募者多数の場合は抽選します。)
※11月30日をもって応募は締め切りました。
※12月10日(月)は休館日となります。当日はミュージアムコンサートのみ実施いたします。

詳細はこちらをご覧ください

地下2階

12月8日(土)
午後2時から

エル・グレコ展 担当学芸員による作品解説

講師:安來正博(当館主任研究員)

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料(要本展観覧券)・先着130名

B1階
講堂

12月2日(日)
午後2時から

宮永愛子展 ギャラリー・トーク

宮永愛子(出品作家) × 中井康之(当館学芸員)

  • ※午後1時30分からワイヤレス受信機貸出
  • ※無料(要本展観覧券)・先着90名

B2階
展示場

12月2日(日)
午後1時から

エル・グレコ展関連イベント/聖歌隊コンサート

エル・グレコの「受胎告知」「キリスト降誕」など、クリスマスに
ふさわしい宗教画にちなんだ曲のコーラスをお楽しみください。
曲目:「きよしこの夜」/「まきびとひつじを」/
「we wish you a merry Christmas」ほか(予定)
出演:神戸女学院大学聖歌隊
演奏は30分、無料、参加申込み・観覧券不要

地下1階
エント
ランス
ホール

11月10日(土)
午後2時から

エル・グレコ展 担当学芸員による作品解説

講師:安來正博(当館主任研究員)

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料(要本展観覧券)・先着130名

B1階
講堂

11月4日(日)
午後2時から

エル・グレコ展 講演会

講師:雪山行二(本展日本側監修者、富山県立近代美術館館長)

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料(要本展観覧券)・先着130名

B1階
講堂

11月3日(土・祝)
午後2時から

宮永愛子展 対談

宮永愛子(出品作家) × 朝吹真理子(小説家)

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

B1階
講堂

10月27日(土)
10月28日(日)

《中央地帯》(16mm/180分/1971年)
courtesy of the artist

第4回中之島映像劇場

限定と豊穣
―マイケル・スノウの実験映像―

2012/10/27(土)、10/28(日) 両日とも
①11:00からAプログラム 《波長》(16mm/45分/1967年)
②13:00からBプログラム 《中央地帯》(16mm/180分/1971年)
※両日ともBプログラムの冒頭に15分の解説あり

  • 入場無料/全席自由/先着130名(10:00より当日の各プログラムの整理券を配布/1名様につき1枚)
  • 各プログラム入れ替え制となります

  • 主催:国立国際美術館
  • 協賛:(財)ダイキン工業現代美術振興財団
  • 協力:Canadian Filmmakers Distribution Centre (CFMDC)

詳しくはこちらをご覧ください

B1階
講堂

10月20日(土)

こどもびじゅつあー

1) 午前11時から
対象:小学1年生~小学4年生
2) 午後2時から
対象:小学5年生~中学3年生
※所要時間はいずれの回も約1時間

  • *定員:各回10名
  • *無料・要申し込み(応募者多数の場合は抽選します。)

申し込み方法、チラシはこちらをご覧ください

国立国際美術館

10月20日(土)
午後2時から

エル・グレコ展 講演会

「エル・グレコ~"見えるもの"と"見えないもの"を描く画家~」
講師:フェルナンド・マリーアス[本展監修者、マドリード自治大学教授、王立歴史アカデミー会員]

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料(要本展観覧券)・先着130名

B1階
講堂

10月14日(日)
午後2時から

宮永愛子展 対談

宮永愛子(出品作家)× 福岡伸一(生物学者)

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

B1階
講堂

10月13日(土)
午後2時から

宮永愛子展 ギャラリー・トーク

宮永愛子(出品作家) × 中井康之(当館学芸員)

  • ※午後1時30分からワイヤレス受信機貸出
  • ※無料(要本展観覧券)・先着90名

B2階
展示場

9月29日(土)
午後2時より

<私>の解体へ:柏原えつとむの場合展 特別上映会+トーク

上映作品:「サタワル」(1971年 18分)「方法のモンロー・試作」(1971年 4分23秒)「足を洗いましょう」(1972年 3分45秒ループ)
トーク:柏原えつとむ(美術作家)、森下明彦(当館客員研究員)、橋本梓(展覧会担当研究員)
柏原が1970年代初頭に制作した実験的映像作品を3本上映。作品についてのトークを行います。

  • ※無料・定員130名

B1階
講堂

9月22日(土・祝)~
9月23日(日)
10時30分~12時30分

ワークショップ「どこへ行く? なにがある? なにをする? 親子で体験『ジャングル探検隊!!』」

講師:槇ひろし(童話・絵本作家)
対象:2歳~中学3年生とそのお母さん(もしくはお母さんの存在にあたる保護者)
定員:10組20名(2歳以上の未就学児とそのお母さん)+5組10名(小学1年生~中学3年生とそのお母さん)

  • ※無料・要事前申し込み(応募者多数の場合は抽選)
  • 応募を締め切りました。多数のご応募、ありがとうございました。

申し込み方法、チラシはこちらをご覧ください

国立国際美術館

9月15日(土)
午後2時から

<私>の解体へ:柏原えつとむの場合展 ギャラリー・トーク

担当研究員が展示場にて展覧会の解説を行います。

  • ※午後1時30分からワイヤレス受信機貸出
  • ※無料(要本展観覧券)・先着90名

B2階
展示場

9月8日 (土)
開演 18:30
(開場18:00)

大石学ピアノソロ Live at 国立国際美術館

入場料:¥3,000 (税込・自由席)
前売り特典:リアル・ジャパネスク展を会期中1回に限り観覧できます。
お問い合わせ:澤野工房 TEL.06-6641-5023

  • ※公演当日17:00より会場入り口にてチケットと引き換えに「整理券」を配布致します。
    会場へのご入場、ご着席は「整理券」に記載順の番号となります。
  • ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
  • ※国立国際美術館でのチケットの販売は致しません。チケット販売、ご質問等は澤野工房までお問い合わせ下さい。
  • 詳しくはこちらをご覧ください(外部サイトにリンクします)

国立国際美術館

9月8日(土)
午後2時から

リアル・ジャパネスク展 ギャラリー・トーク

中西博之(当館主任研究員)

  • ※午後1時30分からワイヤレス受信機貸出
  • ※無料(要本展観覧券)・先着90名

B3階
展示場

8月11日(土)
8月12日(日)

なつやすみびじゅつあー 「あなたはだ~れ?」

午前の部:午前10時30分~午後0時30分
午後の部:午後2時30分~午後4時30分

  • ※対象:小学1年~6年生とその保護者 
  • ※定員:各回10組20名
  • ※無料・要事前申し込み(応募者多数の場合は抽選します。)

申し込み方法、チラシはこちらをご覧ください

地下2階展示場、
講堂

8月4日(土)
午後2時から

リアル・ジャパネスク展 アーティスト・トーク

泉太郎、佐藤克久、五月女哲平、竹﨑和征、和田真由子

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

B1階
講堂

7月22日(日)
午後3時から

「La Seine / 現代美術の流れ」報告会 プトー橋からジャット島へ

(プレイより)
1969年、矢印型イカダは京都府・宇治川より流れ、淀川を経て大阪・堂島川・中之島東端に到着しました。2011年6月6日、イカダはその続きを流れ、15の橋を潜って、7km海に近づき、続いて2012年6月5日、パリ市郊外プトー橋よりセーヌ川を約3km流れ、グラン・ジャット島へ到着しました。 

(国際美術館より)
2011年、当館で開催された展覧会「風穴 もうひとつのコンセプチュアリズム、アジアから」に出品したプレイによる活動の報告会です。今年プレイは、フランスでの展覧会「富士山は存在しない」(ル・プラトー、パリ、2012年6月7日~7月29日)に招かれました。日本とパリで「風穴」展後に行われた行為、「現代美術の流れ」に関する資料展示とDVD上映を行います。  

主催:プレイ 
共催:国立国際美術館

司会:橋本梓(当館研究員)
ゲスト:高橋綾子(名古屋芸術大学)
糟谷恭子(フランス公立モンペリエ高等美術学校在籍)

  • ※無料・先着130名

B1階
講堂

7月21日(土)

こどもびじゅつあー

1) 午前11時から
対象:小学1年生~小学4年生
2) 午後2時から
対象:小学5年生~中学3年生
※所要時間はいずれの回も約1時間

  • *定員:各回10名
  • *無料・要申し込み(応募者多数の場合は抽選します。)

申し込み方法、チラシはこちらをご覧ください

国立国際美術館

7月14日(土)
午後2時から

リアル・ジャパネスク展 アーティスト・トーク

大野智史、貴志真生也、竹川宣彰、南川史門

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

B1階
講堂

7月7日(土)
午後2時から

<私>の解体へ:柏原えつとむの場合展 対談

柏原えつとむ(出品作家)×安齊重男(アート・ドキュメンタリスト)
60年代末に共に現代美術の世界に飛び込み、以来さまざまな美術の現場を潜り抜けてきた柏原と安齊。篤い信頼を寄せ合う両者が、ゲリラ的に写真撮影を行った「《方法のモンロー》東京をゆく」(1973年)ほか当時の知られざるエピソードを語ります。

  • ※無料・定員100名
  • ※B2階無料観覧日です

B2階
展示場

6月23日(土)
午後2時から

コレクションの誘惑展 アーティスト・トーク

講師:伊藤存

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

B1階
講堂

6月16日(土)

こどもびじゅつあー

1) 午前11時から
対象:小学1年生~小学4年生
2) 午後2時から
対象:小学5年生~中学3年生
※所要時間はいずれの回も約1時間

  • *定員:各回10名
  • *無料・要申し込み(応募者多数の場合は抽選します。)

申し込み方法、チラシはこちらをご覧ください

国立国際美術館

6月9日(土)
午後2時から

コレクションの誘惑展 ギャラリー・トーク

講師:中井康之(当館主任研究員)

  • ※午後1時30分からワイヤレス受信機貸出
  • ※無料(要本展観覧券)・先着90名

B2階
展示場

6月2日(土)
午後2時から

コレクションの誘惑展 アーティスト・トーク

講師:内藤礼

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

B1階
講堂

5月26日(土)
午後2時から

コレクションの誘惑展 ギャラリー・トーク

講師:橋本梓(当館研究員)

  • ※午後1時30分からワイヤレス受信機貸出
  • ※無料(要本展観覧券)・先着90名

B2階
展示場

5月19日(土)
午後2時から

コレクションの誘惑展 アーティスト・トーク

講師:小沢剛

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

B1階
講堂

5月12日(土)
5月13日(日)

コレクションの誘惑展 シンポジウム

「写真の誘惑-視線の行方」
パネリスト:
青山勝、五十嵐太郎、植松由佳、笠原美智子、加治屋健司、佐藤守弘、島敦彦、管啓次郎、鈴木理策、鷹野隆大、竹内万里子、畠山直哉、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、前田恭二、森村泰昌、ヨコミゾマコト、米田知子

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

チラシはこちらをご覧ください

国立国際美術館

5月3日
(木・祝)
午後2時から

コレクションの誘惑展 ギャラリー・トーク

講師:竹内万里子(当館客員研究員)

  • ※午後1時30分からワイヤレス受信機貸出
  • ※無料(要本展観覧券)・先着90名

B3階
展示場

4月30日
(月・休)
午後2時から

コレクションの誘惑展 講演会

「コレクションの楽しみ方」
講師:島敦彦(当館学芸課長)

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

B1階
講堂

4月29日
(日・祝)

こどもびじゅつあー

1) 午前11時から
対象:小学1年生~小学4年生
2) 午後2時から
対象:小学5年生~中学3年生
※所要時間はいずれの回も約1時間

  • *定員:各回10名
  • *無料・要申し込み(応募者多数の場合は抽選します。)

申し込み方法、チラシはこちらをご覧ください

国立国際美術館

4月28日(土)
午後2時から

コレクションの誘惑展 歴代館長によるシンポジウム

「国立国際美術館のこれまでとこれから」

木村重信(美術評論家・当館元館長)
宮島久雄(高松市美術館館長・当館元館長)
建畠晢(京都市立芸術大学学長・埼玉県立近代美術館館長・当館前館長)
司会 山梨俊夫(当館館長)

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

B1階
講堂

3月31日(土)

ワークショップ「見えるものと見えないもののあいだ」

講師:米田知子(写真家)
10時30分~16時30分
対象:高校生以上ならどなたでも
定員:15名(申し込み多数の場合は抽選)
持ちもの:デジタルカメラ

  1. ※無料・要事前申し込み(応募者多数の場合は抽選)
  2. 応募を締め切りました。多数のご応募、ありがとうございました。

詳細、チラシはこちらをご覧ください

国立国際美術館

3月24日(土)
3月25日(日)

カール・ハインツ・マルティン
≪朝から夜中まで≫(1921年/69分)

第3回中之島映像劇場

「全体芸術の試み 無声映画+音楽演奏+弁士の語り」 
―東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品による―

2012/3/24(土)
①午後1時からAプログラム(音楽:柳下美恵)
②午後3時からBプログラム(活弁:澤登翠/音楽:柳下美恵)
3/25(日)
①午後1時からBプログラム(音楽:柳下美恵)
②午後3時からAプログラム(活弁:澤登翠/音楽:柳下美恵)


Aプログラム:《御誂治郎吉格子》(1931年/80分)
Bプログラム:《朝から夜中まで》(1921年/69分)


  • 入場無料/全席自由/先着130名
  • (午前10時より整理券を配布/1名様につき1枚)
  • 各プログラム冒頭に解説あり(10分)
  • 各プログラム入れ替え制となります
  • 音楽:柳下美恵:全プログラム担当
  • 活弁:澤登翠:各日15時の回のみ担当

  • 主催:国立国際美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
  • 協賛:(財)ダイキン工業現代美術振興財団
  • 協力:株式会社マツダ映画社

詳しくはこちらをご覧ください

B1階
講堂

3月17日(土)
午後2時から

草間彌生展 講演会

「担当学芸員によるレクチャー」

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料(要本展観覧券)・先着130名

B1階
講堂

3月3日(土)

草間彌生展 映画上映会

「≒草間彌生 わたし大好き」
(2008年日本、102分、監督:松本貴子)
11時~、14時~の2回上映

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料(要本展観覧券)・先着130名

B1階
講堂

2月25日(土)
2月26日(日)

びじゅつあーすぺしゃる 「永遠の小箱」

①午前10時30分~午後0時30分 対象:小学1年~3年生とその保護者
②午後2時~午後4時 対象:小学4年~6年生とその保護者

  • ※定員:各回10組20名
  • ※無料・要申し込み(応募者多数の場合は抽選します。)

詳細、申し込み方法はこちらをご覧ください。

地下3階
展示場、
講堂

2月18日(土)
午後2時から

草間彌生展 記念講演会

「草間彌生の世界」
講師:建畠晢(京都市立芸術大学学長/埼玉県立近代美術館館長)

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料(要本展観覧券)・先着130名

B1階
講堂

2月4日(土)

栗コーダーカルテット

草間彌生展 コンサート

栗コーダーカルテット
ミニ・コンサート
①13時~ ②15時~
各回定員130名 自由席
料金:各回 3,000円 
本展入場料を含みます
(観覧は当日のみ)

  • ※開場は各回30分前
  • ※券面記載の整理番号の順にご入場いただきます。
  • チケット完売しました。

B1階
講堂

1月28日(土)

草間彌生展 映画上映会

「≒草間彌生 わたし大好き」
(2008年日本、102分、監督:松本貴子)
11時~、14時~の2回上映

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料(要本展観覧券)・先着130名

B1階
講堂

1月21日(土)
午後2時から

草間彌生展 ギャラリー・トーク

講師:おかけんた(お笑いタレント/アート愛好家)

  • ※午後1時30分からワイヤレス受信機貸出
  • ※無料(要本展観覧券)・先着90名

B3階
展示場

1月14日(土)
午後2時から

草間彌生展 講演会

「担当学芸員によるレクチャー」

  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料(要本展観覧券)・先着130名

B1階
講堂

  • 前年
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース