世界制作の方法

会期: 2011年10月4日~12月11日

 今回、出品する作家たちは、美術作品が絵画や彫刻といった枠組みから大きく踏み出し、他領域への侵犯を遂げてきた歴史的事実を前提として、先行世代が為し得なかった課題を自然な形で克服し、自らの存在を主張する。例えば、近年の情報技術の発展に伴った新しいメディアの使用に対して、そのメディアの特性が目立たなくなる程に表現を先鋭化し、表現ツールの一つとして自由闊達に用いる。あるいは、彼らは、インスタレーションといわれる展示空間全体を表現の場とする方法論が、場所性という外的要因に囚われて表現が硬直化していった状況に対して、表現することの根源的な地点まで立ち戻り、展示空間を自らの表現を確立する場として捉え直し、その方法論を再解釈するのである。
 次に、それぞれの出品作家の特性を確認しよう。エキソニモは、ハッカーとしての才能によってウェブ空間上にもう一つの世界を体現する。クワクボリョウタは、鉄道模型を手段として用い、メディアアートのインタラクティヴな性格を見る者の中に見出す方法を考える。それぞれ、新旧のメディアを舞台に縦横無尽に活動する。また、伊藤存と青木陵子は、美術の本流として扱われてこなかった刺繍やドローイングによって自由な連想を展開する。2人は、その自由なイメージをアニメーションの中で交差させる。さらに、展示空間全体を用いる表現様式を再解釈するのは、パラモデルの、プラレール等を媒介とした制作工程を見せる完成型を求めない表現であり、大西康明の日常的な素材を利用した奔放自在な形態を生成させる手法である。さらに、限定された空間を、やはり日常的な事物のイメージや身振りの連鎖によって伸縮させるのは金氏徹平の作品であり、鬼頭健吾は、それら日用品による様々な仕掛けによって異化作用を誘引し異空間を生み出す。彼らは、空間を物理的な限定要因として捉えることがない。あるいは、木藤純子は光や風といった自然現象を予感させる装置としての空間を創出し、人々の情緒的な感受性を導き出す。また、人々が社会の中で陶冶され続ける隠蔽された共通理念を、通奏低音のように観る者に響かせるのが半田真規の作品なのである。
 本展のタイトルは、20世紀アメリカの哲学者ネルソン・グッドマンの著書『世界制作の方法』に由来している。同書の中でグッドマンは、記号論的方法によって世界の多数性を論じている。「世界そのもの」はいかなるヴァージョンにも所属せず、その実体は存在しないと述べ、「世界」はあくまで制作されるものであり、それはいくつものヴァージョンを作ることである、と展開する。世界の複数性を論じたグッドマンの記号論的観点は、今回の展覧会を構成する作家たちの作品を読み解くために示唆を与えるところが大きいだろう。以上の様に、国内外で活躍する6人と3組の日本人作家がつくり出す様々な手法による先鋭的な作品群を通じて、「世界制作の方法」が見る者の前に立ち現れることを確信するものである。

  • 主催 :国立国際美術館
  • 協賛 :財団法人安藤忠雄文化財団、公益財団法人野村財団、財団法人ダイキン工業現代美術振興財団
  • 協力 :山口情報芸術センター[YCAM] 、有限会社植田屋染工場 、株式会社小津看板

展示作品

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

エキソニモ 《Object B》 2006年
Courtesy the artist and The Yamaguchi Center for Arts and Media[YCAM]

パラモデル 《paramodelic – graffiti》 2009年
©paramodel, Courtesy National Taiwan Museum of Fine Arts Photo paramodel

青木陵子+伊藤存 《説子/Children of Veins》 2009年
Courtesy the artists and The Museum of Contemporary Arts, Sydney Photo Jemi Carte

クワクボリョウタ 《10番目の感傷(点・線・面)》 2010年
Courtesy the artist and NTT Inter Communication Center [ICC] 撮影:木奥恵三

木藤純子 《Sound of Silence》 2009年
Courtesy the artist and Minokamo City Museum 撮影:市川靖史

鬼頭健吾 《Inconsistent Surface》 2011年
Courtesy the artist and The National Art Center, Tokyo 撮影:上野則宏

金氏徹平 《白地図》 2005年
Courtesy the artist and Shugo Arts and Daiwa Radiator Factory Co., Ltd.  撮影:森本美絵

大西康明 《体積の裏側》 2009年
Courtesy the artist and Aomori Contemporary Art Centre 撮影:山本糾

半田真規 《世界境地博覧会》 2007年
©Masanori Handa, Courtesy Ota Fine Arts, Tokyo and Contemporary Art Center, Art Tower Mito

関連イベント

世界制作の方法 アーティスト・トーク

「世界制作の論理1」
木藤純子、半田真規、司会:中井康之(当館主任研究員)

  • ※10月8日(土) 午後2時から/B1階 講堂
  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

世界制作の方法 アーティスト・トーク

「世界制作の論理2」
パラモデル、鬼頭健吾、司会:中井康之(当館主任研究員)

  • ※10月9日(日) 午後2時から/B1階 講堂
  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

世界制作の方法 講演会

「西ヨーロッパ中世の精神」
講師:八木雄二(哲学者・文学博士)
中世の世界観に対して新たな知見を提示します。

  • ※10月10日 (月・祝) 午後2時から/B1階 講堂
  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

世界制作の方法 講演会

「宇宙創成の論理」
講師:牟田淳(東京工芸大学准教授)
宇宙発生のメカニズムに関して最新の理論を紹介します。

  • ※10月16日(日) 午後2時から/B1階 講堂
  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

世界制作の方法 アーティスト・トーク

「世界制作の論理3」
伊藤存、青木陵子、金氏徹平、司会:中井康之(当館主任研究員)

  • ※11月6日(日) 午後2時から/B1階 講堂
  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

世界制作の方法 シンポジウム

「メディアアートと世界制作」
エキソニモ、クワクボリョウタ、畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]学芸員)、中井康之(当館主任研究員)

  • ※11月13日(日) 午後2時から/B1階 講堂
  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

世界制作の方法 コンサート

「Desktop Worldmaking」
エキソニモ、youpy、比嘉了

  • ※12月11日(日) 午後2時から/B1階 講堂
  • ※午前10時から整理券を配布します。
  • ※無料・先着130名

関連イベント

開館時間

午前10時~午後5時、金曜日は午後7時まで (入館は閉館の30分前まで)

休館日

毎週月曜日 (ただし、10月10日(月・祝)は開館、10月11 日(火)は休館)

観覧料

当日:一般850円/大学生450円
前売:一般700円/大学生350円
団体:一般600円/大学生250円

  • ※本料金で「アンリ・サラ」「中之島コレクションズ 大阪市立近代美術館&国立国際美術館」もご覧いただけます。
  • ※団体は20名以上
  • ※高校生以下、18歳未満、心身に障害のある方とその付添者1名。
    いずれの方も無料 (ただし、証明できるものをご提示いただく場合があります)。
  • ※前売券は、チケットぴあ、セブンイレブン、サークルKサンクス(Pコード:764-803)、
    ローソンチケット(Lコード:52980)で販売。
  • ※前売券は10月3 日(月)までの期間限定発売です。
    会期中は、当日券のみ発売となりますのでご注意ください。
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース