コレクション4 現代美術の一世紀

会期: 2011年3月5日~6月5日

美術の様相が、歴史上かつてない速さで変貌を遂げた20世紀も幕を閉じました。21世紀の世界の美術は、これからどのような運命を辿っていくのでしょうか。未来への、そのような想いを馳せながら、私たちの時代が生み出した「文化遺産」を振り返ります。出品点数は海外の作品を中心に約70点です。

展示作品

| 1 | 2 | 3 |

ヴァシリー・カンディンスキー 《絵の中の絵》
1929年 当館蔵

ジュール・パスキン 《バラ色の下着の少女(青いブレスレットの少女)》
1924–25年 当館蔵

ポール・セザンヌ 《宴の準備》
1890年頃 当館蔵

関連イベント

開館時間

午前10時~午後5時、金曜日は午後7時まで (入館は閉館の30分前まで)

休館日

毎週月曜日 (ただし3月21日(月・祝)、5月2日(月)は開館、3月22日(火)は休館)

観覧料

当日:一般420円/大学生130円
団体:一般210円/大学生 70円

  • ※団体は20名以上
  • ※団体は20名以上
  • ※高校生以下ならびに18歳未満、65歳以上、心身に障害のある方とその付添者1名。
    いずれの方も無料 (ただし、証明できるものをご提示いただく場合があります)。
  • ※特集展示「早川良雄ポスター展」の料金も含まれます。
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース