高松次郎 −<影>の絵画とドローイング−

会期:1999年10月21日~12月5日

高松次郎(1936−1998)は、1960年代から70年代にかけて、作品はいうにおよばず言説においても我が国の現代美術をリードした重要な美術家だった。周知の通り、彼は1998年6月に闘病の甲斐なくなくなった。当館には高松のモニュメンタルな<影>の壁画があり、そのためもあって、生前から<影>の絵画とドローイングによる小さな展覧会を計画していたが、早世を悼む意味もあり、今回規模を広げて、<影>の絵画とドローイングによる回顧展を開催することになった。没後、我が国の美術館で初めて開催される回顧展である。
高松の作品は、<点>、<紐>、<影>、<遠近法>、<波>、<単体>、<複合体>、<熱帯>、<原始>など数多くのシリーズから成り立っている。休むことなく展開し続けることを強いられたという意味で、彼もまたモダニストの宿命を背負っていたことになるが、虚構と現実のきわどいバランスを明快に表現しようという意図は、つねに一貫していた。一つの課題をさまざまな角度から検証しようとしたわけである。
なかでも<影>は、高松にとって格別の思い入れがあるシリーズだったようである。何度も繰り返して制作されたこと、亡くなる直前にも<影>の新作を発表したことなどから、それはうかがえる。今回の展覧会は、高松の代表的なシリーズといえる<影>の絵画とドローイングに焦点をあてた。実在するものを越えて「不在性」を探求した高松の<影>は、いまの若い美術家たちにも大きな刺激を与えた。一つの時代を画した<影>の全貌を、ご遺族の全面的な協力のもとに明らかにした。出品点数は、当館所蔵の大作を含めて絵画約30点、ドローイングと資料約100点だった。

  • 入場者:総数7,023人(1日平均176人)
  • 主催:国立国際美術館/(財)ダイキン工業現代美術振興財団
  • 協賛:(財)花王芸術・科学財団
  • 講演会:「高松次郎の制作の展開」日時:10/23(土)講師−藁科英也(千葉市美術館学芸員)
  • ギャラリートーク(展示作品解説):日時:11/13(土)
  • カタログ:「高松次郎 <影>の絵画とドローイング」
    25.5×15.5cm/139ページ/カラー35点/白黒126点
    高松次郎の「影」再考:「子供の影」(1969年)を中心に、<影>の絵画とドローイング(尾野正晴)、影のシリーズについて−いまの時点から−(高松次郎)、認識から知覚へ−高松次郎論−(李禹煥)/作家略歴/参考文献
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース