近作展23 小林孝亘

会期:2000年 2月17日~3月28日

小林孝亘は1960年東京生まれ。1986年に愛知県立芸術大学美術学部油絵科を卒業。潜水艦が画面に登場する初期の連作を手始めに、犬、水飲み場、蜜蜂と巣箱などを独特な形態と筆致で描いて注目を集めた。さらに、1996年に文化庁芸術家在外研修員としてタイに1年滞在、バンコクでの日常(たとえば食器、枕、ベッド、テント、門など)を題材に、新たな展開を示している。
本展では、1994年以降の近作を中心に、食器等を描いた小品の連作と最新作を加えた29点を展示した。

  • 入場者:総数8,755人(1日平均244人)
  • 主催:国立国際美術館
  • 協賛:(財)ダイキン工業現代美術振興財団
  • 講演会:「作者と語る」日時:02/19(土)
  • ギャラリートーク(展示作品解説):日時:02/26(土)
  • パンフレット:「近作展23 小林孝亘」
    A4判/6ページ/カラー8点/白黒21点
    解説文(島敦彦)/作品リスト/作家略歴/文献
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース