近作展20 生田丹代子

会期:1996年5月13日~7月23日

中堅作家の近作を個展形式で紹介する「近作展」のシリーズの20回目。生田丹代子は、板ガラスを用い、ガラス接着技法による立体的な造形作品を展開してきた。1953年京都生まれ。京都薬科大学を卒業後、1982年頃よりガラスによる制作を始め、1985年チェコスロヴァキアで開催されたインターグラスシンポジウムに招かれ、ガラス作家として国際的にも知られる存在となった。
本展では、近作と最新の大作をあわせて17点を展示した。

  • 入場者:総数1,476人(1日平均92人) *延日数、入場者数は他の企画展等と重複しない数を計上
  • 主催:国立国際美術館
  • 協力:日本板硝子株式会社/株式会社山本金属製作所
  • 講演会:「作者と語る」日時:06/08(土)
  • パンフレット:「近作展20 生田丹代子」
    A4判/4ページ/カラー1点、白黒5点
    生田丹代子 ガラス−光のイメージ装置(加須屋明子)/出品リスト/略歴
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース