近作展17 クレイワーク4人展

会期:1994年12月8日~1995年 1月31日

本展は、若手、中堅作家の近作を紹介するシリーズの17回目である。今回は同時に開催された「クレイワーク展」に連動して、20代の若手作家たちのグループ展という形で開催した。出品者は小松純、南野馨、宮永甲太郎、森野彰人の4名。いずれも土を素材にしながら、従来の陶芸の概念を超える斬新な造形を展開している。焼き締めたレンガ状の物体を無数に積み上げて、石垣状の構築物を形成する宮永から、朱や金を用いて無機性と有機性をともに秘めた独特のオブジェを配置する南野まで、多様な表現をとおして今日のクレイワークの可能性を一覧する展示となった。

  • 入場者:総数3,371人(1日平均91人)
  • 主催:国立国際美術館
  • パンフレット:「近作展17 クレイワークの4人展」
    A4判/6ページ/カラー7点、白黒1点
    略歴
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース