ドローイングの現在

会期:1989年10月7日~11月26日

本年度の特別展である。海外作家16名、日本作家16名、約300点が出品された。本展のための新作も含めて、いずれもほぼこの十年間に制作されたものである。ドローイングは現在では、単なる絵画、彫刻の下絵や習作ではなく、自立した表現の領域と見なされるようになってきている。作品選定に当たっては、イメージを模索するドローイング、思考そのものの投影としての概念的なドローイング、あるいは80年代の"ペインタリーな"ドローイングといった、多様な様相を取り上げることを念頭においた。素材も紙のみならず、金属や木を用いたレリーフ的なものもある。また画家、彫刻家ばかりではなく、建築家のドローイングも積極的に紹介した。展示には4階、3階展示室を使用した。

  • 入場者:総数10,362人(1日平均236人)
  • 主催:国立国際美術館
  • カタログ:「ドローイングの現在」
    24×21.5cm/166ページ/カラー18点、白黒99点
    ドローイングの状況(村田慶之輔)/今日のドローイング:流用と順応(バーニス・ローズ/線の遅延(建畠晢)
  • 前の展覧会
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース